【海外で役立つ3つのスキル】このスキルがあれば大抵のことは乗り切れます。

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

昔、テレビCMでよく見かけたフレーズ、

24時間戦えますか!

私は17時間くらいなら戦えます。( ̄▽ ̄)

無理はいけません。

会社は守ってくれませんからね。(^^)/

私は基本的に新聞を読まないのですが、

7月7日の日本経済新聞の記事で

早期退職はや8000人、18年の倍 次を見据える中高年

という記事が目につきました。

自身の希望で辞めていく人たちなのか、

追い込まれて辞めていく人たちなのか、

いずれにしても見据える先が明るいことを祈ります。(-“-)

私の場合は早期退職でもなんでもない時期に

自らの意思で会社を辞めた方なので、

計画的に次を見据えていました。(`・ω・´)

これから先、海外へ仕事を求める中高年の方も

増えるかも知れませんので、

「身を助ける」スキルを3つご紹介したいと思います。!(^^)!

できる方には「その程度?」と思われるかも知れませんが、

海外は日本と環境が違いますので、

軽くこなせるくらい身に付いていると更に良いです。!(^^)!

パソコンを扱うスキル

by photoAC

メールを打つだけの話ではありませんよ。( ̄▽ ̄)

今の時代、パソコンを使わずに仕事をするというケースは殆どないでしょう。

ましてや海外なら、パソコンに向かわない日はない、のではないでしょうか。

私の事例でご紹介しますと、

私は全部で5台ノートパソコンを所持しています。

メイン1: Win10Pro 64bit

メイン2: Win 7Pro 64bit(メイン1の予備も兼任)

メイン3: Win10Home 64bit(メイン1、2のサポート役)

サ ブ: WinXP(まだまだ現役、普段は控え)

出張用: Win 7 32bit(小さくても賢いノート)

更に、ios端末とAndroid端末を1台ずつ持ち歩いています。

普通はここまで揃える必要はないと思いますが、

最低2台は扱えるスキルはあった方が良いでしょう。

職場と、アパートの2ケ所分です。(・∀・)

こうして常に2台使っている状態にすることで、

どちらかが不調になったときに対応しやすくなります。!(^^)!

日本だと、パソコンに詳しい人が助けに来てくれるかも知れませんが、ここは海外です。(T_T)

町の電気屋さんも、日本語が通じないかも知れません。

家電量販店でも、日本語のパソコンは売ってないかも知れません。

それでも、全て自分で対処しなければなりません。

あと、なるべく新しいパソコンを持つことをお勧めします。

とりあえず中古で安くて良さそうなの、

だと急に壊れる可能性は大です。(◎_◎;)

経費はかかるかも知れませんが、できるだけ

自分でスペックを指定して、会社に買ってもらいましょう。

文章表現力

by photoAC

メールや報告資料の事ですね。(^^)/

私の場合は、月一で社長へ報告文を送っています。

相手は社長ですから、言葉使いはもちろん、

報告内容も適切に表現しなければなりません。

私は、なるべく良い印象として伝わるように心掛けています。

日本からは海外の状況は見えません。

海外から日本が見えないのと同じですね。(゚д゚)!

なので、マイナスな要素があっても、

できるだけプラスの要素に変えて表現しています。

余計な指摘をくらって、仕事が増えると大変ですから。(^-^)

また、客先やサプライヤーとのやり取りもあるでしょう。

海外の場合、相手は「担当者」クラスではなく、

部長・社長クラスの方が多いと思います。

基本的に失礼がない様に配慮しないと、

「仕事ができない人」という印象を与えてしまいます。(ーー;)

かしこまり過ぎる必要はありませんが、

誤解を招かない表現は心得ておいた方が良いでしょう。!(^^)!

メンタルスキル

by photoAC

これは性格にも左右されると思いますが、

海外では海外でしか味わえない試練があります。(-“-)

たいてい、現地の言葉で現地スタッフと意思の疎通を図らなければなりませんが、なかなかうまくいかない事が多いです。

そしていろんなトラブルが発生します。(=゚ω゚)ノ

そういう局面で、助けてくれる人もいない、

言葉も通じない、でもどうにかしなければならない、

そうなるとパニックになります。(-_-;)

私も、慌てんぼうの勘違い多し( ̄▽ ̄)なので、

よくアタフタしてしまいます。

そういうときに、落ち着いて、良く状況を確認して、

冷静に判断できるメンタルが必要になります。

これの難しいところは、

落ち着きすぎると感覚が鈍くなりますし、

ピリピリしてるとストレスで参ってしまいますし、

ほど良く緊張と緩和を維持しなければなりません。!(^^)!

特にタイのようなマイペンライな国では、

怒ってもほとんど効果はありません。(*’ω’*)

怒らずに、どうスタッフをコントロールするかを

冷静に考えた方がうまくいきます。(・∀・)

普段から心掛けていれば、

少しづつできるようになるでしょう。(^^)/

まとめ

私がタイに不妊した当初、

先輩赴任者から良く言われました。

タイの洗礼を浴びてるな( ´艸`)と。

そのくらいは、まだまだ序の口だよ

という意味だったのですが

最初は何かとストレスでした。

それでも身を助けるスキルがあったので

潰れずにやってこれています。( •̀ᴗ•́ )/

これから海外を目指してみようと

思う方がいらっしゃったら

参考にして頂ければと思います。

先輩の格言

「トラブルを楽しめるくらいじゃないと。」

私はそこまでタフじゃありません。( ̄▽ ̄)

hisakrap