【タイでお金の貸し借り】こんな人たちに狙われました。

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

ちょっと物騒なタイトルですみません。(;^ω^)

今回はタイでのお金の貸し借りについて

私の体験談をご紹介させて頂きます。(^^)/

タイの人たち

ほほ笑みの国タイ、常夏の国タイ、

マイペンライで人懐っこいタイの人たち。(*‘∀‘)

なにも悩みがなさそうで

毎日を楽しそうに過ごしている人たちですが

お金に困っている人は結構多いです。(‘ω’)ノ

タイの教育環境にも問題があるようですが

学力がとても低いこともあって

一般的な人たちは月給10,000バーツを稼ぐために

100時間以上の残業をこなさなければなりません。(-“-)

多少スキルがあれば15,000バーツ

エンジニアのスキルがあれば20,000バーツ

優秀な通訳さんや経理スタッフだと40,000バーツ

といった感じでしょうか。(・∀・)

バーツを10倍してみると分かり易いと思います。

一家の大黒柱の月給が100,000円

どんな生活が思い浮かぶでしょうか。(`・ω・´)

そういう人たちが悪い訳ではないのですが

抜け出せないことも事実としてあります。(-“-)

なので、なんとかしてお金を作ろうと考えた末に、

お金持ちの日本人から借りよう(^^)/

というケースも出てくる訳です。

社内のスタッフの場合

前述の通り、タイ人スタッフは学歴とスキルで

給料が決まってしまいます。(・∀・)

一番低い水準の給料だと、

生活はカツカツのようです。(ーー;)

子供がいる家庭では学費の捻出に苦労するようで、

私も一度だけ泣き付かれました。(-_-;)

仕方なく、3,000バーツを貸しましたが、

まだ1,000バーツしか戻ってきてません。(ーー;)

一応社員なので、最悪の場合は経理に頼んで

給料から抜いてもらうなどの措置も可能ですので

逃げられても大丈夫だと思っています。( ̄▽ ̄)

ただ、『来月返す』という約束を放棄されたので

2回目の『貸し』はありません。(‘ω’)ノ

タイ人運転手の場合

赴任者の方の多くは、

タイ人の運転手が付いていらっしゃると思います。

ありがちですが、

タイ人運転手と仲良くなり友達感覚になるケース。(*’ω’*)

狙って、

友達っぽく近付いてくる人もいるかも知れません。(゚д゚)

私の場合、

新しく変わったばかりの運転で、

妙に『日本人好き』を醸してくる人でした。(-“-)

いつも通りアパートまでの帰り道、

『お金を貸してほしい。』と言ってきたので

少額だろうと思って聞いてみると1,500バーツとのこと。

一瞬迷いましたが、そのときは貸すことにしました。

その運転手は、約束通り給料日に返してくれましたが、

次の月も『お金を貸してほしい。』と言ってきたので

すっぱり断りました。( ̄д ̄)

日本人の『親切心』を狙ってるのが見え見えでした。(-_-メ)

運転手が派遣会社の人の場合、

『お金の貸し借りはしないでください。

派遣会社は責任を負えません。』

とうたっている会社もあるようです。(^^)/

タイに住む日本人

これは、まさか!のケースでした。(-_-;)

相手は、ローカルの不動産屋で、

『来月分の家賃をお借りできないでしょうか。

来月分の家賃は、私から支払いますので。』

というものでした。

【みなさんへの忠告】

ここまで読んで下さった方へ、忠告させて頂きます。

お金を貸すことがありましたら、

『借用書』ではなく『保証人』を確認してください!

私はこのケースで、

期日になってもお金を返してもらえず、

電話もメールも不通になって、いよいよ『詐欺だ!』と

動き始めたのですが、

『借用書』を交わしてしまったために

『あなたの良心で貸したんでしょ。』

『警察は動けない』と言われてしまったのです。

私の常識不足でした。(ーー;)

結果的には、あらゆる手段を使ってその人を包囲し、

なんとか取り返すことができたので良かったですが、

いい勉強をさせて頂きました。(‘ω’)ノ

日本人というだけで安心してはいけません。(゚д゚)!

まとめ

日本人は、基本的に真面目で親切です。

いろいろなシーンで評価される国民性は

誇りと自信に繋がります。!(^^)!

なので、困っている人を見ると

助けたくなってしまうものです。(゚д゚)!

でも、お金だけは、貸さないことです。

トラブルの原因です。

ほんと、痛感してます。

by photoAC

hisakrap