【40代の転職】キャリアアップを成功させる3つのポイント!

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

私は40代で転職して、タイ駐在員になりました。

40代で会社を辞めて(又は辞めさせられて)再就職をする場合、一般的に40代の転職は難しいと思われがちです。

しかし、40代は社会人としての経験値も豊富で気力的にも充実しているときですので、決してマイナス要因ばかりではないと思います。

自分にできることは何か、自分の得意なことは何か、そしてそれを活かせる場所はどこか、それを整理すれば必ず活躍できる場は見つかるはずです。

by photoAC

今回は私が転職した際の事例をもとに、転職成功のポイントをご紹介していきたいと思います。

40代の転職は『不利』ではありませんが、『甘くない』ことも事実として捉えてください。

40代の転職では『一般職』よりも『管理職以上』を狙う気持ちが必要です。

会社側も、仮に管理職の経験がなくても、『その向上心』を評価してくれる場合もあります。

転職後に勉強しながらでも向上する意欲を見せるのも、重要なポイントになるはずです。

必要なのは、気持ちの強さです。

自分自身の目標を設定する

by photoAC

『いきなり難しい』と思った方もいらっしゃるかも知れません。

私が過去に出会ってきた先輩・同僚たちでも、『自分の目標』を明確に言える人は多くありませんでした。

何のために働いているのか、何のために頑張っているのか、自分は数年後にどういう姿になりたいと思っているのか、それだけのことです。

40代で、『人から何か指示を出されないと何もできない人』では転職は難しいです。

私の場合、「可能なら、日本と勝負がしてみたい!」という目標を持っていました。

日本で働いている頃の私は、日本一でも何でもない、ごく普通の会社員でした。

社内では中の中といった、特別優れた社員でもなく、出来の悪い社員でもなく、そこそこ仕事を任せてもらえる位置にいたと思います。

ではなぜ、「日本と勝負したい」と思ったか。(`・ω・´)

それぐらいの目標で、向上したいと思ったからです!

このまま終わりたくないと思う方、こんなはずじゃないと思う方、俺はまだまだやれると思う方、

その気持ちをそのまま目標にしてはいかがでしょう。

野心と言われようが、無謀だと言われようが、目標を高く持つことは大事な事です。

世界一を目指して、やっと日本一になれる。宇宙一を目指して、やっと世界一になれる。

誰の言葉だったか忘れました、すみません。

転職サイトの力を借りる

転職は、転職のプロに頼るのが一番です。

目標を設定したら、転職サイトを検索してみましょう。

転職サイトでは、一般的に『サイトに登録後』にいろいろな情報を提供してくれるようになっています。

『ミドルクラスに強い転職サイト』『海外に強い転職サイト』『女性向けの転職サイト』など様々なサイトがありますので、自分に合ったサイトをチェックしてみましょう。

転職サイトに登録すると、担当エージェントが決まります。

担当エージェントは、転職を成功させると企業から報酬を受け取れますので、親身になってフォローしてくれます。

自身でお金を払う必要はありませんので、複数のサイトに登録しても良いでしょう。

担当エージェントが決まると、電話やスカイプなどの方法でエージェントとの面談を要求されると思います。

この面談で、自身の目標、思い、希望年収、転職の希望時期など、いろいろ質問されると思います。

全て答えられなくても、分かる範囲で面談してみると良いでしょう。

また考えがまとまらない場合は、素直にエージェントに相談してみるのも良いでしょう。

エージェントも人なので、相性の良い悪いがあると思います。

自分に合ったエージェントに相談することで、安心感や希望が湧いてくることもあるかも知れません。

転職は、孤独な闘いです。

エージェントは、そういう方を沢山見てきています。

良いアドバイスをくれるエージェントを見つけましょう。

職務経歴書をしっかり書く

by photoAC

私にとって、転職の最大の難関がこの職務経歴書でした。

今までの人生で自分自身を売り込むなんて、考えたこともありません。

何をどう書けばいいか、結構悩みました。

悩んで、考えて、インターネットで検索して、いろんな情報を調べてみました。

ただ単に今まで経験してきたことを書けばいい、なんてものじゃありません。

この書類を採用担当の方が見られて、「この程度か」と思われたらお終いです。

私を知らない人が、私の職務経歴書を見て、「この人と会って話を聞いてみたい」と思わせることが重要です。

多少、色を付けた書き方でも構わないと思います。

でもその前に、ひとつだけ行動したことがありました。

自分のスキルを棚卸しすることです!

スキルの棚卸し、自分には何が出来るのか?

その「出来ること」がやれる環境を、海外で探せば良いのです。

私は正直、口下手です。

受け答えの反応も早くありません。

自分のペースで仕事ができないと、失敗しやすいです。

真面目だけが取り柄です。

職務経歴書には、

その真面目だけが取り柄で経験してきた職務について、『うまくいった事例』を書くことで、自分をアピールすることにしました。

『私はどんなに失敗しても、目的達成のために努力します。』ということを強調しようと思ったのです。

職務経歴書は、当然エージェントもチェックしますので、いきなり企業側へ提出されることはありません。

エージェントからの指摘がありますので、その内容を修正して、完成度を上げれば良いのです。

書類が整うと「こういう企業へ提出(応募)してみようと思いますが」とエージェントから確認が入ります。

慌てることなく、冷静にその企業を確認してから返事をしましょう。

まとめ

私の経験上、転職は縁だと思います。

転職だけじゃありませんが、企業と人にも縁があると思います。

縁が繋がるまでは辛抱ですが、待っているだけでは縁は訪れません。積極的に、失敗を恐れずにトライして頂きたいと思います。

何度か失敗することで少しずつ改善されて、転職のチャンスも広がってくると思います。

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

hisakrap