【Xサーバーのエラーログ】ログのダウンロードとエラー内容の確認方法

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

Xサーバーの『アクセス解析』を開くと、『エラーコード別』のアクセス数が確認できます。

今までよく分かっていなかったのですが、このアクセス数、

エラー表示が出てしまったアクセスの数

だったんですね。Σ(゚Д゚)

気付くのが遅くて、今までエラー表示になってしまった方に申し訳ない気持ちです。(-ω-)

まだまだ初心者ですので、これから頑張って改善していきたいと思います。(-ω-)/

しかし、『なぜエラーが出てしまったのか』が分からないと改善のしようがありません。

まずは、エラーログを調べる必要があります。(^^)/

エラーの種類

上の図『エラーコード別アクセス数』のエラーコードを確認してみます。

詳しくは、ウィキペディアを参照してください。(^^)

301:サイトのURLが移動した。

302:サイトの中身の一部が移動した。

500:サーバー内部のエラー。

404:サイトの情報がない。又はアクセス権がない。

201:リソースされたURLにアクセス成功。

403:立ち入り禁止。

501:サーバーエラー。

301、302は私のミスですね。(;^ω^)

記事を書き直したときに、URLも変えてしまったのが原因です。

すみません。<(_ _)>

エラーログをダウンロードする

Xサーバーでエラーログをダウンロードできますので、中身を確認してみます。(^^)/

『ダウンロード』フォルダの中に、『erroe_log』がダウンロードされます。

この 『 erroe_log 』 は、このままでは直接開けません。

『メモ帳』などを使って開いてみましょう。(^^)/

エラー内容の確認

まず、『Windowsアクセサリ』の中から『メモ帳』を開きます。

開いた『メモ帳』で、先ほどの 『 erroe_log 』 を開きます。

『ダウンロード』フォルダから、ドラッグ&ドロップで 『 erroe_log 』 を移動してくれば楽です。(^^)/

これが、エラーログの中身です。(^^)

データの量が多いので、上下左右にスライドして見てください。

でもこれだけだと、よく分かりません。

もう少し分かりやすく見てみましょう。(^^)/

私の場合、『Google翻訳』を使います。

『メモ帳』で開いた 『 erroe_log 』から、1行をコピーして 『Google翻訳』 に貼り付けます。

エラーログの内容を、日本語にできました。(^^)

構成エラーの可能性があるため、リクエストが10の内部リダイレクトの制限を超えました。 必要に応じて、「LimitInternalRecursion」を使用して制限を増やします。

日本語にしても、簡単じゃなさそうです。( ̄▽ ̄)

この続きはまた後日、調べます。(^^)

今回は、エラーログのダウンロードと、エラーの内容確認までのご紹介でした。(^^)/

hisakrap