【タイ駐在のプチ情報】電気料金の支払いで困らないために

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

今回は、電気料金の支払いについてご紹介します。

(いくつかの件をご紹介させて頂こうと思ったのですが、書いていくうちに電気料金だけで埋まってしまいました。( ̄▽ ̄))

プロローグ

先日、仕事帰りにコンビニに寄ったときの話です。

レジで何かの支払いをされている女性の方がいらっしゃいました。

どこの国の方か分からなかったのですが、タイ人ではなさそうでした。

そして店員さんと何かやりとりをしている?

というか、店員さんが一方的に何かを話している?

そんな状況を、すこし後ろ眺めていました。

途方にくれる女性

すると、店員さんがこちらに向かって何か言いはじめ、

『なんだろう?』

と思って店員さんのタイ語をよく聞いてみると、

『英語・・・』という発音が聞こえてきました。

そして店員さんの手には、何かの伝票らしきものが見えました。

『ん?もしかして、その女性にタイ語が通じなくて困ってる?』

その女性を見ると、アジア圏の人であることは分かりました。

ぽかん、として店員さんを眺める女性・・・(*_*)

『英語を話してないところを見ると、日本人?』

そう思い、意を決して聞いてみることにしました。

『えっと・・・日本・・・語・・』

するとその女性が反応し、

『あ、はい』

『あぁ良かった、日本人の方ですね。』

どうやら、タイに慣れていない雰囲気の日本の方で、店員さんが何を言っているのか分からずフリーズしていた様でした。

たたずむ女性

状況を確認するため、店員さんが持っている伝票を見せてもらい

『(伝票の上を指して)ここには何て書いてある?』

とタイ語で聞くと

『電気料金で・・・・・支払いできない・・・・』

タイ人特有の一気にまくしたてるタイ語が飛んできたので、分かる単語だけ聞き取っていきます。(^-^;

『電気料金ね。』

『期限が切れてるんじゃない?』

『あぁ、わかった。O.K.』

1つずつタイ語で確認して、状況を把握しました。(^^)

横でたたずんでいる日本人の女性に向きなおって

『これ、支払いの期限が切れてますね。』

伝票の日付けのところを指して、ゆっくり説明します。

『これ、電力会社に、払いに行かないといけないですね。

会社とかに、タイ人のスタッフとか・・いらっしゃいますか?

タイ人にこれを見せて「期限がきれた」と言えば

助けてくれると思いますよ。』

終始言葉を発しないその女性、一応は理解してくれたみたいで、そろっとコンビニを出て行かれました。

駐在員として派遣された方、というよりは、どなたかの家族?もしくはタイで働こうとして来られた方?そんな感じの人でした。

エピローグ

実は私も約2年前、同じような失敗をして、コンビニのレジで日本人の方に助けて頂きました。(^-^;

私のケースは、

支払いの期限より前に、支払いに行ってしまったこと。

そのときの店員さんは、

『支払いのデータがない』

と言っていました。(;^ω^)

タイの電気料金の伝票です。

黄色い枠の中に、

『支払い可能な期限』

が書かれています。

この期限内でなければ、コンビニでの支払いはできません。

早くても、遅くてもダメです。(^^)/

まとめ

そしてもう1つ、

これもタイあるあるなのですが、

電気料金のチェックに来る日がバラバラで

月によって前半だったり中旬だったりします。

つまり、

出張のタイミングとかぶらないように

気をつけていないと、電力会社まで払いに行かなければならなくなります。(^^)/

余計な手間が増えてしまいますね。

日本ですと、たかが電気料金の支払い、されど電気料金です。

タイは、何かと不自由が多いので、宜しければ参考にしてください。(^^)

hisakrap