【夏休み2019】息子の海外留学inオーストラリア

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

日本はお盆休みですね。

タイのソンクランと、日本のお盆休み、いつもかみ合わないこの連休。

タイで働いてらっしゃる方々は、この時期なんだか寂しい気分になりませんか?

私はなんだか、日本の家族から取り残されてる気分になります。

息子は今年、高校生になりました。(^^)

【高校生にはマイネオ】海外からも管理できて安心です

このマイネオのスマホを持って、夏休みに海外留学に行くそうです。

もはや自宅の話まで『他人ごと』のようになってます。(-ω-)

初めての海外、初めての外国人、どんなことを経験してくるのか、私の方がワクワクしてしまいます。!(^^)!

オーストラリアって、日本から8時間~10時間もかかるんですね。

結構長い時間、あのエコノミーの席に座ってなきゃいけないんですよね。

私は年に2回、タイと日本を往復してますので、5~6時間の移動はもう慣れましたけど、初めてはつらいだろうな~と思います。

とりあえず、楽しんできてくれることを願います。(^^)

英語をしっかり勉強してこい、とか、英会話を練習してこい、とか、そういうのは次の話でいいと思っています。

海外に行って、右も左も分からない状況で、自分のちっぽけさとかを感じてるときに、勉強してこいというのはコクな話だと思います。(^^)

日本を離れてみて、何か感じることがあるか、それだけで十分な経験になると思います。

海外留学という経験

こういうプロモーションがありましたので、ちょっと活用させて頂きます。(^^)/

こちらのSchoolWithさんのサイトを見ると、今や海外留学なんて、アルバイトを探す感覚なんですね。

そんな感覚で海外を経験できるなんて、まるで『ちょっとそこまで』行ってくるくらいのことなんでしょうか。(^-^;

この診断、2分でオススメな都市が分かってしまうんですね。

もう世界中が手に届く範囲なんでしょうか。(@_@;)

ものは試しで、私も診断して頂きました。

20個の質問がありまして、答えは2択になっていました。

簡単な質問でしたので、早い人は1分かからないんじゃないでしょうか。(^^)

私の結果は、偶然にもオーストラリアでした。!(^^)!

これだけ相性がいいと、意外と息子もハマるかも知れませんね。( *´艸`)

タイは嫌だけど、オーストラリアなら行ってもいい、とか言われるかも知れませんけど。

別にタイだって、住めばそれなりに良いところもありますけどね。

車が多い街中は、そりゃぁ多少ほこりっぽいですけど。

また別の方法で、『留学ありき』で選ぶ方法もあります。(^^)

こういう選び方をされる方は、目的がはっきりしているでしょうから、『経験どうのこうの』とか関係ないですね。(^^)/

海外留学の不安

私は海外留学という経験をしていませんので、どういう不安があるのか知りません。

なので、息子の留学にも、どんな言葉をかけてあげれれば良いのか分かりません。(-ω-)

親の心配は尽きませんが、心配の先取りをしすぎても良くないと思います。

SchoolWithさん だとこういうサポートがありますので、安心できますね。(^^)

専門のカウンセラーさんまでいらっしゃるんですね。

やっぱり、いくら手軽になったといっても、海外は海外。

いざ!となると不安は出てきますよね。

うちの息子はどういう心境なんだろう・・・(-ω-)

息子の場合、視力が悪い(目が弱い)のでこの留学を機にメガネからコンタクトレンズに変えました。

何かあったときに、メガネが外れて危険なメに合うといけない、と思いまして。

最初はなかなか変えてくれませんでしたが、眼科で3時間ねばってやっと変えてくれたみたいです。(^^)

どんだけガンコなんだか。

ま、それだけ自分をしっかり持っていれば、海外留学もそんなに怖がっていないかも知れないですね。

まとめ

私が海外という場を選んで働いていますので、子供たちにとっては『海外』というものは意外と身近な感覚かも知れません。

でもやっぱり、実際に日本を出た人と、出たことない人では、その実感は違うと思います。

想像やインターネットの情報だけでは感じられない『ナマの情報』というのがありますので、留学というのは大きな経験になるはずです。(^^)/

息子はそれを高校1年生で経験できるので、私は嬉しく思います。

結果が、楽しければ良し、楽しくなくてもいいでしょう。

日本との違いを感じて、『日本を外から見る感覚』をいうのを体感してくれればと思います。(^^)

hisakrap