【記事の完全削除から復活】Xサーバー「MySQL設定」のススメ

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

今朝まちがえて、昨日の記事を完全削除してしまいました。

結論から言いますと、復活することができました。!(^^)!

エックスサーバーさんの

「MySQL設定」

をしていましたので、なんとか復活できました。(^^)/

削除してしまったことに気付いたときは、さすがに焦りました。

よく見ないで消してしまった自分にも情けなくなり、急いでどこかにデータが残っていないか調べまくりました。

Googleのキャッシュにも残っていない、

他のところにも残っていない、

バックアップなんて取ってない、

これでは復活のしようがありません。

一度は完全に諦めました。

そして、完全に凹みました。。。

そして凹んだ気持ちが落ち着いたころ、

ふとサーバーパネルを見ると、

「MySQLバックアップ」

という文字が目に付きました。

バックアップ?

え?もしかして、バックアップがあるかも知れない?

これに気付いたお陰で、完全削除からの復活ができたのでした。

自分で「MySQL設定」をしていたことを忘れていました。

エックスサーバーさんのお陰です。

お礼に、広告リンクを貼っておきます。(^^)

「MySQL設定」のススメ

エックスサーバーを使われていらっしゃる方は、

同じような失敗に備えて 「MySQL設定」をお勧めします。

サーバーパネルの「データベース」のところです。(^^)/

下のリンクから、マニュアルに飛べます。(^^)/

MySQLの設定

エックスサーバーではデータベース環境としてMySQLを提供しております。

MySQLは世界中で広く使われておりオープンソースのデータベースシステムとしては世界で最も普及しており、「性能」や「安定性」に定評があります。

ここで設定しておきますと、

知らないうちにバックアップが残っていきます。

私のように、設定したことを忘れても大丈夫です。(^^)/

そして

うっかり記事を完全削除してしまった!

ときでも、

7日以内なら復活することができます。(^^)

下のリンクから、 マニュアルに飛べます。(^^)/

自動バックアップからの復元

「自動バックアップからの復元」機能では、全プラン標準で提供している「自動バックアップ」機能によって保持しているバックアップデータを用いて、MySQLデータベースを復元することが可能です。

エックスサーバーでは、サーバ設備の故障その他トラブルに備えて、2台のハードディスクに同じデータを同時に書き込むRAID1によるリアルタイムでの全データコピー(ミラーリング)を行うと共に、サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピーし、

サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持する「自動バックアップ」機能にも全プラン標準で対応しています。

お客様へのデータの提供も行っていますので、消失してしまったデータの復旧用などにご活用ください。

活用させて頂きました。

ありがとうございました。(^^)/

注意事項

ここで、私が確認した注意事項をご紹介します。

<私の場合>

8月21日(夜) 記事をアップ

8月22日(朝) まちがえて記事を削除

 〃  (昼) 22日分の記事をアップ

 〃  (夕) 「自動バックアップからの復元」を実施

この復元を実施したタイミングで、

22日(昼)にアップした記事は

まだバックアップされていませんでした。

よって、

「自動バックアップからの復元」で消えてしまいました。

「自動バックアップからの復元」 は、タイミングを間違えるとこういうミスに繋がります。

私のように「あせって」復活させようとせず、落ち着いて、7日以内に復活できるようにすれば大丈夫です。

参考までに、 22日(昼)にアップした記事は こちらです。

【誤って記事を削除しました】不運なときの癒し方

幸い、ツイッターに貼っていたリンクがありましたので、

URLとタイトルだけは戻すことができました。

Googleサーチコンソールのエラーにならずに済みます。(^^)

まとめ

「転ばぬ先の杖」とはよく言いますが、転ぶことが分かっていれば、誰だって最初から杖を持ちます。

どこで転ぶか分からないから、私のようなドジは困るんです。

せめてXサーバーさんだったら、バックアップは推奨として自動的に機能していても良さそうですけどね。

ドメインの設定で、自動的にバックアップも設定される、みたいに。

とりあえず、この記事で少しでも予防の拡散ができれば幸いです。(^^)/

hisakrap