【誤って記事を削除しました】不運なときの癒し方

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。

今朝、誤って、昨日の記事を完全削除してしまいました。

削除したことに気付いて、慌てて探し回ったのですが、Googleのキャッシュにも残っていませんでした。

ごみ箱で留めておけば良かったのに、ショック大きいです。

バックアップを取っておけば良かったと後悔しましたが、消えてしまったものはどうにもなりません。

完全に凹みました。

仕方がないので、もう一度書き直します。

幸い、画像データは残っていますので、文章だけ思い出しながら書き直します。

凹んだ気持ちでツイッターを眺めていて、とてもかわいいツイートを見つけました。

英国企業が3Dプリンティングやスキャニングなどの技術を用いて開発した。

ロイター.co.jp

「両手でハート型を作ってみたかった」

女の子って、ハートを作ることで幸せを感じるんだなぁ、と心が温かくなりました。

特にこの女の子、なんて優しい目をしてるんだろう、と何度も何度も見返していました。

うちの下の子と重なる部分もあって、なんとも言えない気分です。

単身で、日本から遠く離れた地にいると、こういう凹んだときのケアが難しいですね。

日本語が話せる仲間も、すぐ近くにはいません。

癒してくれる子供たちもいません。

優しい言葉をかけてくれる人も、もちろんいません。

自分でなんとかするしか、ありませんね。

今日のところは、この優しい目の女の子で癒されて、凹んだ気持ちを修復してみようと思います。

hisakrap