【ゲーミングチェアを探す】タイって買い物が不便だと思いませんか?

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

WordPressを始めてから、イスに座ってパソコンに向かう時間が増えました。

休みの日は、エラーの対処などをやり始めると1日中パソコンの前、ということも少なくありません。

でもWordPressを始めたことで、時間を有効に活用できるようになりました。(^^)

どうしても単身生活ですので、休みの日は「何もしないで」終わってしまうことも増えそうですが、WordPressのお陰でいろいろ勉強する時間も増えました。

「サラリーマンは就職してから勉強する人が少ない」と指摘される方もいらっしゃいますが、確かに私もそういう1人でした。

はやり、何か目標がないと、人はなかなか「勉強しよう!」という気にはなりませんよね。

そういう意味で、WordPressを始めて良かったと思っています。(^^)

そこで、長時間座っていても疲れにくいイスが欲しくなりまして、探してみることにしました。

とりあえず、ゲーミングチェアから当たってみようと思いましてググってみますと、価格も種類もいろいろありそうです。(^^)

イスを探す

「gaming chair」で検索してみますと、こういう結果が出てきます。

先頭にLAZADAが陣取っているのが「タイならでは」でしょうか。

すぐにはLAZADAでは買いません。

ここはタイなので、見た目と安さにつられて買ってしまっては失敗しますので、実店舗で販売しているところを探します。

GoogleMapで検索してみますと、何店舗か出てきます。

黄緑色のラインがBTSトレインで、赤い丸が「ゲーミングチェア 店舗」の検索で出てきた店の位置です。

とりあえず実物が見れるところを探しますが、

ゲーミングチェアを置いている店舗が出てきません。

ゲームを置いている店舗ばかりです。

別の方法で探してみます。

LAZADAで検索してみますと、MBKショッピングセンターで売られているらしいゲーミングチェアが出てきました。

「らしい」というのは、何度かMBKには行ったことがありますが、こういうイスを置いている店舗を見たことはありません。

これが例えば日本ですと、サクッと実店舗が出てきます。

日本ってほんと、買い物がしやすい、物が充実している国だと思います。

「欲しい」と思ったらだいたい買えますよね。

タイはちょっと違います。

「欲しい」と思ったら、「タイで売ってる?」から始まります。

タイは、これだけたくさんの海外メーカーが進出してきているにも関わらず、「自国のブランドで作ろう」ということがなく、「輸入品」か「にせもの」ばかり売っています。

ですので、タイ人ですら「LAZADA」を信用していませんし、可能な限り日本製を買おうとします。

タイで日本と同じ生活環境を求めるのは、結構たいへんなことなんですよ。

普通に「ガスコンロ」がない時点で、すでに違ってきますから。

MBKで調査

ということで、

もしかしたらMBKに売っているかも知れない、

という淡い期待を胸に調査に行ってきました。

結果は、それっぽいイスを置いている店舗が5階に1つだけありました。

今日の収穫は下の写真2つです。

写真の撮り方を失敗しましたが、クッションが平らではなく山盛りになっています。

そして矢印のところがフローティングになっていまして、前後左右に自由に傾いてくれます。

これはなかなか座り心地のよいイスです。(^^)/

「背もたれ」はありませんのが、座ったまま「ゆらゆら」揺れながら作業するのに良さそうです。(^^)

お値段は2,900バーツ。(約9,860円)

お手頃です。

次は、ゲーミングチェアではありませんが、デスクワークに最適そうなイスですね。

なんといっても、矢印の部分、映画「E・T」を思わせるヘッドレストがポイントです。(^^)

「出すぎ?」と思いましたが、座ってみると意外と快適。(^^)/

これは腰に優しいこと間違いないですね。

お値段は11,500バーツ。(約39,100円)

ちょっと高いですね。悩みどころです。

まとめ

今回は、情報が少なくてこれだけです。

というか、タイではこれが普通なんです。

日本でしたら、何店舗か「はしご」して比べることも可能でしょうけど、タイではそういう需要がそもそも少ないので、実物を探すのは難しいです。

日本のような「家電量販店」とかがありませんので、しょうがないですよね。

ショッピングモールの中の「ある区画」だけの電気屋さんですからね。

ということで、もう少し調べてみて、また良い情報が出てきましたら挙げていきたいと思います。(^^)/

hisakrap