【3DスキャナーPart2】スキャン精度は向上できない?

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

先日、3Dスキャナーの相談に行ってきました。

メールで相談したタイミングで、メーカーの方がたまたまタイに出張に来られていたようで、直接相談させて頂くことができました。

前回の記事はこちらです。

【3DスキャナーPart1】スキャン精度はどこまで向上できるか

メーカーの方が泊っているホテルまで、

ノートパソコン(ゲーミングPCは重い)

ハンディスキャナー

回転テーブル

をリュックや専用ケースに詰め込んで、BTSで向かいました。

幸い、私のアパートから30分くらいのところに泊まっていらっしゃったようでした。(^^)

今回相談させて頂いたのは、

購入したハンディスキャナーで小さめの部品をキレイにスキャンしたい

ということでした。

スキャンの性能的にはギリギリO.K.かギリギリNGくらいの大きさでしたので、何かナイスなアイディアがあれば教えて欲しい、ということで相談しました。

それで、今スキャンしようとしているのがこちら。

1/12スケール「隼」のタンクです。(^^)/

プラモデルのパーツをうまく3Dに取り込んで、3Dデータで組み立てたい!という趣味です。

これをスキャンしてみますと、このくらいの粗さです。

粉末は、付けても付けなくても大差はありません。

何度も試しましたが、基本的にこの大きさが不利なので粉末で改善できないみたいです。

でも、もしかしたら、メーカーの人なら、

何かいい方法を知ってるかも知れない

という淡い期待を込めてホテルまでお邪魔してみました。(^^)

お休みの日だったのですが、快く話を聞いてくれまして、いろいろ説明してくれました。

この写真の方はエンジニアで、もう一人営業の方がいらっしゃいまして、やりとりは基本「英語」でした。

もうしばらく英語なんて使っていませんので、聞くことはできても話すことができません。

ひたすらアプリでやりとりしてました。

そして、エンジニアの方がいろいろ試してくれたのですが、やはりスキャナーの性能的にこれ以上の精度を求めるのはムリということが分かり、

代わりに中国から持参されていたレーザースキャナーを見せてくれました。

価格も「ぐっ」と上がって、100万円は超えるようなスキャナーです。

レーザーですから。(^^)

その性能がこちら。

密度が濃いです。

もとの大きさがこちらです。

1/12スケールのプラモデルですが、さすがレーザー、威力が違います。

メーカーの方たちが親切でとても参考になりました。

お金ができたら、そっちの「いいやつ」買ってみます。(^^)/

まとめ

今回私が購入したスキャナーは、3cm~4mくらいまで対応できる仕様だったので、

もしかしたらいけるんじゃないか、とは思っていたのですが、実際はちょっと難しいですね。

でもまだあと幾つか試してみたいことはありますので、もう少し勉強してトライしてみようと思います。

諦めなければ、何か方法は見つかるはずです。(^^)/

hisakrap