【3DスキャナーPart4】1/12スケールプラモデルには対応できるか?

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

タイで3Dスキャンという趣味を楽しんでいます。

私は、3DCadを扱うことはできるのですが、サーフェスモデリングができません。

サーフェスモデリング(ウィキペディア)

もしサーフェスモデリングができたら、好きなバイクをモデリングして楽しみたいところですが、

サーフェスモデリングって難しいです。

かなり練習しなければ習得できそうもありません。

世の中のモデラーさんたち、すごいと思います。

私の場合は、モデリングができない代わりに1/12スケール「隼」をモデルに、3Dスキャンの方法を模索しています。

前回まで、3Dスキャナーの精度を向上できないか模索したのですが、現実的に難しいと分かりました。

【3DスキャナーPart1】スキャン精度はどこまで向上できるか

【3DスキャナーPart2】スキャン精度は向上できない?

【3DスキャナーPart3】スキャン精度に偏光フィルターは有効?

3Dスキャナーを変えることができないのであれば、スキャンする方法で対応するしかありませんね。

ということで、いろいろな方法を試しています。

スキャンデータ(タンクの場合)

今使っている3Dスキャナーでは、1回のスキャンでこれくらいの粗さになります。

当然、このままでは使い物になりませんので、「なんとか」しなければなりません。

パウダーを使う方法

ホームセンターで売っている、このようなパウダースプレーを使う方法があります。

身近なパウダーですと、汗を抑える「制汗スプレー」が有効という話も聞いたことがあります。

このスプレーを吹き付けて、スキャンする物の表面をミクロのパウダーで覆います。

すると、3Dスキャナーの光がこのパウダーで跳ね返り、位置データを採取しやすくなるということです。

透明な物や、テカテカした物はこのようなスプレーが効果的です。

また写真のスプレーは中身がパウダーですが、人体に影響はありません。

人体に影響があります。換気の良い場所で作業してください。

塗装ではありませんので、塗布したあとも簡単に除去することができます。

塗布するときは、ラッカースプレーのように少しずつ乾かしながらスプレーすると、ムラなく塗布できます。

スキャンデータを合成(マージ)する

3Dスキャナーに付属しているソフトウェアーには、この合成(マージ)機能は標準で備わっていると思います。

人気があるEinScanですと、スキャンしながら自動的にマージしてくれるのを見たことがあります。

これは便利です。

また自分でマージする場合、こういう参考動画もあります。

CloudCompare~複数3Dデータの合成

CloudCompareというソフトも無料で使用できますので、ソフトがない方には良いかも知れません。

タンクのマージを試す

このマージは、私の3Dスキャナーに付属されているソフトを使っています。

上の2つのスキャンデータを、「2こいち」にマージします。

ちょっと小さくて見えにくいですが、上の2つのデータに、0~4の赤い数字で「ポイント」が打ってあります。

このポイントを目印にマージを実行しています。

ポイントの取り方が悪いと、マージできなかったり、ずれてマージされることがあります。

先ほど「2こいち」にしたデータに、さらにスキャンデータをマージしていきます。

マージを何度か繰り返すことで、スキャンデータを補修していくことができます。

タンク単品での仕上がりは、こんな感じでした。

まあまあの出来だと思います。

スキャンデータ(バイク全体)

同様に、バイク全体をスキャンしてみます。

細かいところまでスキャンしたいので、最初からパウダースプレーを使用しました。

ハンドルのところがズレてしまいました。

ホイールも途中で回転してしまい、ズレています。

ですが、思ったより良い仕上がりだったと思います。

ただし、エンジンの内部(ラジエターの後ろ)は穴があいています。

ここまではスキャンできなかったようですね。

まとめ

今回は、タンクの部品単品だけの場合、バイク全体の場合で試してみました。

タンク単品ですと、スキャンするにはやや小さい。

バイク全体ですと、奥の方がスキャンできない。

このことから、中間を取って、ある程度の大きさに組み立てた状態でスキャンすれば、

1/12スケールでも対応できる気がします。

さすがに、レーザースキャンのような仕上がりにはなりませんが、悪くはないと思います。

hisakrap