【タイ人運転手の資質】知ってはいけないタイの事情

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

今朝、私の運転手に厳重注意を与えました。

理由は、危険な運転です。

私の運転手は、パッシングやクラクションが好きで、よく前を走っている車をあおります。

クラクションは、後ろに乗っている私にまで迷惑なので、注意してやめさせていました。

ところがこの運転手は、走行しながら無理な割り込みをよくします。

すると、ほぼ100%やられた相手がやり返してきます。

それをまたこちらがやり返そうとするとき、私は運転手に注意をします。

そういうやりとりが何度かあり、今朝はその運転に嫌気がさして、厳重注意を与えました。

恐らく、誰か別の運転手に変えることになると思います。

そんな中、今日の夕方、ふと手にした「タイ自由ランド」にこんな記事が載っていました。

バス運転手の給料3万4千へ

タイの路線バスの話題のようでした。

バスの運転手は割と給料がいいんだな、と思いながらその記事を読んでいると、こんなことが書いてありました。

『路線バスの運転手とというと、並んだバスとスピード競争をしたり、事故を起こして自分だけ逃げるなど・・・』

うちの運転手と同じだ。。。

『外部の業者を使って運転手を採用することになり・・・』

タイも働き方改革ですね。

『条件は、給料が1カ月34,647バーツで、22~65歳』

年齢に幅があり過ぎませんか?

『小学4年以上の学歴などとなっており』

は!?

小学4年以上?

まさか、翻訳ミスじゃないですよね?

自分の運転手も、「これじゃ小学生並みだなぁ」と思っていましたが、ほんとうにそういうレベルだったなんて。

もう、あまりのショックに、言葉が出ません。

自分の命を、こういう人たちに預けるなんて、ちょっと考えものです。

今できることは、なるべく性格の穏やかなタイ人運転手を探して、安全に運転してもらうこと、くらいです。

hisakrap