【3Dスキャン補足編】ソリッド化して重くなったデータを軽量化する方法

最終更新日

こんにちは、hisakrapです。(^^)/

1/6スケールHONDA CB750Fの3Dスキャンの続きです。

今回は、Part8の記事の補足です。

【3DスキャンPart8】3Dスキャンの壁にぶつかる

Part8のおさらい。

下の図は、クランクケースのスキャンデータです。(ply形式)

約8MBのデータになっています。

下の図は、stlファイルに変換したデータです。

スキャンデータの頂点を減らさず、そのまま変換した状態で約45MBに増えました。

下の図は、FreeCADで1時間かけてソリッド化したデータです。

データ容量が175MBまで増えてしまいました。

キレイにスキャンできたとしても、ソリッド化した後にデータ容量が大きくなってしまうとCADでの扱いが困難になってしまいます。

そのため、Part8の時点では、暫定として軽量化したデータを使っておくことにしていました。

下の図は、スキャンデータの頂点を1/10まで減らした状態のソリッドモデルです。(約17MB)

おさらいは、ここまで。

ソリッド化データの軽量化

キレイにスキャンできるのに、そのままだとデータが重くなってしまう。

だからスキャンデータを粗くして、データを軽くする。

これは非常にもったいない!

なんとかキレイなスキャンのデータを維持して、ソリッド化したデータも軽くしたい。

Part8以降、この課題を模索していました。

そして1つの方法を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

分割してアッセンブリーする

方法はいたって簡単です。

ソリッド化したデータを一度分割し、アッセンブリーとして組み合わせるだけです。

図で説明します。

3Dスキャン→メッシュ化→ソリッド化、ここまでは以前と変わりません。

下の図は、先ほどの175MBのモデルです。

この175MBのモデルに、作業平面を作成します。

作業平面を使ってスケッチ平面を描き、モデルを分割します。

もとのデータが重いので、この分割も30分以上かかりました。

分割したデータができました。

モデルを半分にしましたが、データ容量はまだ157MBあります。

最後に、分割したモデルをアッセンブリーします。

下の図は、モデルの分割を間違えておかしなアッセンブリーとなっていますが、

157MBのモデルが2つアッセンブリーされて

15MBのデータに変わりました。

その他の事例

下の図は、頂点を減らして軽量化したシリンダーのモデルです。

約18MBあります。

下の図は、分割してアッセンブリーした状態ですが、

約2MBまで軽くなりました。

まとめ

理屈は分かりませんが、1つのデータで扱うより分割してアッセンブリー化した方が軽くなることは確認できました。

これで、スキャンの精度を落とさず、ソリッド化してCADに組み込むことができます。

モデルを一度半分にしてアッセンブリーするだけで、データ容量が1/10くらい軽くなりますので、難しいことはありません。

多少時間はかかりますが、空き時間をうまく使えば効率よく作業できると思います。

参考になりましたら、お試し頂ければと思います。

hisakrap